ブログ

【デルソーレ偏愛シリーズ】麻雀をこよなく愛するあやこママ

インタビュー
2022.11.22

いつもありがとうございます!
あやこママです。

突然ですが質問です。

あやこママがこよなく
愛しているものは
次の3つのうちどれでしょう?




A:キンミヤ(酒)
B:しんさま(旦那さん)
C:麻雀




正解は

全部です!

なのですが、
今日はデルソーレママの
偏愛シリーズということで、

時に大好きな酒を
忘れるほど没頭してしまい、

沼っている「麻雀」について
暑苦しく語らせて頂こうと思います。

「麻雀の事はよく分からない」
って方もお楽しみいただける
記事となっています。

それでは、
あやこママの偏愛っぷりを
お楽しみくださいませ。

自分の“好き”と“得意”を誰よりも愛して好きな人と分かち合う


私が麻雀を好きになったのは
母の影響です。


私の母が脳トレの一環で、
区がやっている麻雀教室に通い出し、

母が楽しそうに麻雀を
しているのを見て、

「麻雀ってなんか面白そう!
私もできたら家族で楽しめるかも」

と思い興味を持ったのが
麻雀との出会いです。

麻雀は点数計算など
座っていながらも頭を
フル回転させるので、
脳の活性化にもいいんですね。

「麻雀」それは究極のコミュニケーションツール

母の影響で麻雀の魅力に
どっぷりとハマってしまった私。

その偏愛っぷりはというと、
好きになったらとことん
ハマってしまう私は、
実家に麻雀牌とマットを購入。

年末年始など
夫のしんさまと実家に帰った時は、

しんさまも一緒に家族で
麻雀をすることが恒例行事と
なりました。

義実家に行くのは
少し緊張したり

手持ちぶさた感もありますが、
麻雀を囲めば心配ご無用。

単純に楽しく心が通じあい
フラットに接することができる

“最高のコミュニケーション手段”
だと思っております。

麻雀はゲーム自体が
よく考えられているので、

スリルやドキドキを
みんなで体験でき、

朝から晩まで楽しめる
究極のゲームなのです。

「好き!好き」言うと情報も集まるこれぞ偏愛の醍醐味


ちなみに、
デルソーレにジョインしてから

「麻雀が好き」と、いつも
オープンチャットで発信していたら

まだリアルでお会いしたことない
デルソーレのお客さんでも

「ああ、あの麻雀好きの?」
って覚えてくださったり、

昔の先輩や友達と
「麻雀」きっかけで繋がって、
麻雀仲間になったり、

私がデルソーレに立っている日に
Mリーグのプロを友達が
連れてきてくれたり、

思いもよらぬ「繋がり」が
麻雀を通じて生まれてきたんですね。

「好き」っていうものを
媒介にして人が集まって、

自分が「楽しいな!」
と思う瞬間が大好きなので、

麻雀というツールに出会って
本当に感謝しています。

そしてもう一つ
麻雀の醍醐味があります。

それは、、、

麻雀で老後がハッピーになる


そうなんです。
私の母のように、

麻雀は年を重ねても
楽しめるゲームです。

それに、若い頃のように
活発に動けなくても
最小限の動きで遊べて、

脳に刺激を与えるので、
ボケ防止にもなるんですね。

そして、あやこママの老後の夢として、
世代とか関係なく長屋に
住みたいと思っています。

長屋のフリースペースに麻雀を置いて、
初めまして!の方とも世代関係なく

フラットにコミュニケーションが
取れたら最高だと思いませんか?

一方で、世間で麻雀と聞くと、
煙草など不健康なイメージを
持たれがちですが、

視点を変えれば
みんなが楽しめる娯楽。

そう、麻雀は
“一生遊べる頭のスポーツ”。

そんな麻雀の魅力に
気づいてしまった私は、

麻雀愛を広めたくて
会社員時代にある行動を取りました。

それは、、

会社で初代「麻雀部」を設立もちろん部長は
私!あやこママ。

「麻雀の面白さを
みんなに(特に女子!)にも広めたい!」

そのような思いから、

・なぜ?経営者は麻雀が好きなのか
・麻雀とコミュニケーションの相関性
・麻雀が脳に与える役割

など、、、

麻雀部を設立するために、
麻雀がいかに会社員にとって良いのか

ラブレターを書く気持ちで
渾身のプレゼン資料を作成。

その甲斐もあってか、
会社にも認められ、
見事!麻雀部が設立できました。

そこから会社のメンバーに声がけして
オフィスのスペースで
麻雀の講義を開始しました。

部費で雀卓と牌を購入して、
リアルで麻雀をレクチャー。

みんなある程度知識がついた所で
雀荘デビューを果たしたのです。

ある日の仕事終わり。
女子を含む麻雀部メンバーで
雀荘に行った時の事です。

ざわざわ....ざわめく雀荘

「なんだ!なんだ!」

雀荘に行った時、
お客さんが全員振り向きました。

なぜなら男性が多い雀荘に
キラキラ女子集団が来たので、
みんなびっくりしたんですね。

実は日常に馴染みのある麻雀Words

余談ですが、
普段私たちが何気なく使っている
言葉も麻雀用語って知っていましたか?

例えば、、、
・テンパる
・リーチ
・メンツ
・ワンチャンス
・チョンボ

これらも元を辿れば
麻雀から来ているのです。

なので、昔からあるゲームで
こんなことを考えた人は

「本当にすごいなぁ.....」
と、思っています。

そんなこともあり、
私の麻雀愛は
湯水のように湧き出てきます。

そこで“あること”を思いついて
デルソーレオーナーの
めぐさんに相談した所、
秒速でokをいただきました。

“あること”とは、、

デルソーレ麻雀部設立!

「好きでやっていることで
人が集まったらいいな」

ついに私の夢が叶った瞬間です。

ありがたいことに

50人近い方がジョインして
くださっています。

そして、、、

2022年11月30(水)
「デルソーレ忘年麻雀大会
リアルだよin 高田馬場」

を開催することになりました。

朝の10時〜夜まで開催予定なので、
フラっといらしてください。

「麻雀久しぶりだからついていけるかな?」
って方も大丈夫!

麻雀が好きで好きで好きすぎて、
行きつけの雀荘で
バイトさせてもらっている
あやこママがサポートします。

お酒片手に麻雀の魅力に
どっぷりと浸かりませんか?


こちらのフォームから
お申し込みいただけます。

またリアルはちょっと緊張するけど
麻雀は興味があるよ〜って方は

オープンチャットにご登録ください。

オンラインで麻雀教室なども
企画する予定です。

楽しい麻雀というツールを
素敵な方と一緒に遊び倒しましょう!

最後までお読みくださり
ありがとうございました!!

    野崎 麻里恋するアルコールライター/会社員
    1990生まれ大分県出身。 スタートアップで会社員をする傍、セールスコピーライターとして集客から販売までのお手伝いをしております。 ライターになろうと思ったきっかけは、 「昼からビールを飲む生活に憧れたから」 好きな言葉は「ハッピーアワー」と「乾杯」

    # 公式インスタグラム